あいまいメモリー

曖昧な記憶を曖昧に記録しておくブログ

もしかしてふつうじゃない

f:id:kozu50:20170310224500p:plain

5年生くらいから、自我が芽生えたというか、外と自分を比べるようになってきたというか、そういうお年頃でした。

 

仲良かった友達が休みとかそんな感じで、教室ぶらぶらしてて目についたとかそんなきっかけだった記憶。

当時はまだ漫画とか自分で買ったことがなく、

新聞の4コマとか、父親が買ってたドラゴンボールとかファミコン雑誌の漫画ページとかそれくらいしか知識(?)がなくて。

ノートに描かれてた漫画が「すごいなんだこれ!!?」ってとっても衝撃だったと同時に、自分のらくがきが人から見たらイラストだったり、らくがきなんて「みんな描ける」と思っていたけどそうじゃなかったことを知った衝撃とで…

 

ふつうって何だろう?!

 

って思い始めたそんな思い出話。

 

 

広告を非表示にする